カテゴリ:浅川ダム( 1 )

長野県営「浅川ダム」は建設継続へ(水源連)

長野県営の浅川ダムについて、知事は建設続行を認めました。新内海と同様の本体着工中の補助ダムでしたが、民主党政権の補助金交付に続いて、長野県でも続行という結論になりました。「重大な瑕疵」ではなく、「建設の必然性・優先性」があるかどうかで判断すべきでした。

長野県資料「浅川ダムの論点再確認報告書」

以下、報道記事を一部引用します。全文は新聞社のホームページでご覧ください。

・・・・・・・・・・・・引用開始

産経新聞長野版 2010年11月30日

浅川ダム 工事を続行 知事「個人の意思入る余地少ない」 長野

阿部守一知事は29日、長野市の県営浅川ダムについて「建設継続を認める」と表明した。田中康夫元知事の脱ダム宣言で建設が中止されて知事不信任の一因にもなり、村井仁前知事のもとで建設が再開されるなど、常に県政ののど元に刺さった“トゲ”のような存在だった浅川ダム。

(中略)

浅川ダムについて阿部知事は9月の就任後、和田恭良(やすよし)副知事らに事業継続の是非を判断するための「論点再確認」を指示。建設反対派の住民らが主張する建設地周辺の地質の安全性、ダムの必要性や規模決定の根拠となる洪水時の最大流量「基本高水(たかみず)」の妥当性、洪水時の被害想定などをめぐって庁内で検証作業を進めてきた。

この日、論点再確認の報告書を受け取った阿部知事は記者会見で、「できることならダムによらない治水が望ましいと考えてきた」と自らの立場を説明。「しかし、浅川ダムの問題は治水という住民の生命、財産に直接的にかかわる問題で、箱モノ行政とはかなり性格的に違う事業。個人的な思いとか、価値観を取り入れる余地は非常に少ない」と述べ、事業そのものに「重大な瑕疵(かし)は見いだせなかった」として建設継続が苦渋の判断だったことをのぞかせた。

報告書はダムによらない代替治水対策としてため池・遊水地、河川改修などの事業はダム建設費の数倍になることが予想されると指摘。「基本高水流量を引き下げることは安全度を下げることと同義」などとしてダム建設の妥当性を強調した。一方で水位の高低差によって浅川の水が千曲川に流れ込めずによって起こる内水氾濫(はんらん)についてはダムが被害を悪化させる可能性がある点を認め、住民に対する説明では洪水被害への説明を尽くしておらず「誤解を生じさせた」としている。

・・・・・・・・・・・・引用終了
[PR]
by suigenren | 2010-11-30 00:00 | 浅川ダム


国土交通省が進める「ダム見直し」について、市民が監視するためのサイトです。水源開発問題全国連絡会(水源連)が運営しています。


by suigenren

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

本サイトについて
インフォメーション
水源連について
提言・要望
調査・報告
国土交通省資料
報道記事
八ッ場ダム
新内海ダム
最上小国川ダム
石木ダム
路木ダム
成瀬ダム
南摩ダム
太田川ダム
辰巳ダム
木曽三川のダム
北海道のダム
関西のダム
吉野川可動堰
川辺川ダム
山鳥坂ダム
設楽ダム
浅川ダム
砂防ダム
その他のダム
リンク

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧