八ッ場ダム「検討の場」第5回幹事会

5月24日に行われた利水についての検証の中間報告ですが、その内容は危惧していた最悪のものでした。実績とかけ離れた利水予定者のひどく過大な水需要予測を何ら見直すことなく、そのまま容認し、八ッ場ダムの開発予定水量22㎥/秒を前提として、代替案を検討するというものでした。いまさら、22㎥/秒という大量の新規水源を得る現実的な対策などあるはずがありません。また、八ッ場ダムを推進する手段となっている暫定水利権を解消するための水利権許可制度の改善は一顧だにされていませんでした。

四つの代替案が一応示されましたが、基本的に実現性があるとは思われず、結局は八ッ場ダムが最有力の利水対策という結論が出ることが目に見えています。

このままでは、利水に関しては検証をやりましたという茶番の検証劇が演じられるだけです。何とかしなければなりません。

以下、検討の場第5回幹事会についての記事の一部を引用します。
全文はリンク先をご覧下さい。

八ツ場ダム再検証 4代替案 比較検討へ

東京新聞群馬版 2011年5月25日

八ッ場(やんば)ダム(長野原町)の是非に関する再検証について、国とダム流域六都県が事務レベルで協議する「検討の場」の五回目の幹事会が二十四日、さいたま市内で開かれた。

国土交通省関東地方整備局は、利根川流域の治水とともに、ダム建設の主目的とされた利水(水道・工業用水の確保)について、「現行の法制度では、ダムを中止した場合に、ダム事業への参画を条件に流域都県に分配する水利権が失われる」と主張。既存ダムの改良による貯水量確保や、別の河川からの導水などを組み合わせた代替案を四パターンに絞り込んで、現在のダム計画と比較検討する方針を明らかにした。

代替案は、藤原ダムの掘削や富士川からの導水、群馬県渋川市周辺での地下水取水▽利根大堰(おおぜき)や下久保ダムの改良、発電・治水ダムからの水量確保など▽渡良瀬第二調節池への貯水、利根大堰の改良、発電・治水ダムからの水量確保など▽富士川からの導水、発電・治水ダムからの水量確保など。

(中略)

代替案について、流域都県は「荒唐無稽(むけい)だ」「実現性に乏しい」と一斉に批判。八ッ場ダム建設を前提とした再検証作業の早期終結を強く要望した。 (中根政人)
[PR]
by suigenren | 2011-05-25 00:00 | 八ッ場ダム


国土交通省が進める「ダム見直し」について、市民が監視するためのサイトです。水源開発問題全国連絡会(水源連)が運営しています。


by suigenren

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

本サイトについて
インフォメーション
水源連について
提言・要望
調査・報告
国土交通省資料
報道記事
八ッ場ダム
新内海ダム
最上小国川ダム
石木ダム
路木ダム
成瀬ダム
南摩ダム
太田川ダム
辰巳ダム
木曽三川のダム
北海道のダム
関西のダム
吉野川可動堰
川辺川ダム
山鳥坂ダム
設楽ダム
浅川ダム
砂防ダム
その他のダム
リンク

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧