石木ダム検証の公開討論会の報告(水源連)

3月6日に開かれた石木ダム検証の公開討論集会について、報道記事は両者平行線となっていますが、地元住民の方々、今本先生、水源連(嶋津・遠藤両共同代表)などが、石木ダム計画の不当性、不要性を明らかにして長崎県と佐世保市を追及しました。

ダムの検証に関してこのように公開討論集会が開かれたのは、水源連が把握している限り、初めてのことです。

今回の公開討論集会で重要なことは、地権者がこの集会の議事録、住民側が使った資料、および今回の集会の議論を踏まえてこれから提出する住民側の意見書を、県の検証検討報告に添付させることを県に同意させたことです。

今後、県の事業評価監視委員会の委員、国交省有識者会議の委員、国交省政務三役は住民側の意見と資料を直接見てダム計画の是非を検討することになります。

当日の様子は、一部ですがこちらから、ユーチューブで見ることができます。

以下、報道記事を一部引用します。全文は新聞社のホームページでご覧ください。

・・・・・・・・・・・・引用開始

石木ダム、初の「公開討論会」 地権者と自治体の主張平行線

長崎新聞 2011年3月7日

県と佐世保市が東彼川棚町に計画する石木ダム建設事業で、反対地権者らでつくる「石木ダム建設絶対反対同盟」と関係自治体との意見交換会が6日、同町内であった。県が事前に有識者の参加を認め、反対派が求め続けてきた「公開討論会」が初めて実現した形だが、治水、利水両面で双方の主張は平行線をたどった。

意見交換会は、昨年末から県などが実施している再検証作業の一環。絶対反対同盟は地権者約40人と、河川工学が専門の今本博健・京都大名誉教授ら有識者5人が参加。町内外から約150人が傍聴に訪れた。

治水面では、石木ダム建設に伴う河川整備計画で「24時間雨量400ミリに達する100年に1度の大雨」を想定している点について、有識者は「設定が過大」と指摘。「実績雨量や流量と照らし、現実的な数値で設定し直せばダムは不要」と見直しを求めた。

これに対し、県は1948年に佐世保市で24時間に400ミリ以上の降雨があったことや、川棚川下流域に住宅が密集している現状などから「妥当な設定」と反論。利水面でも、佐世保市の水需要予測や安定水源量などについて意見が交わることはなかった。

絶対反対同盟の岩下和雄さん(63)は「事業の矛盾点をいくら突いても県は認めない。公開討論会は何度も続ける必要がある」と話した。一方、桑原徹郎県土木部長は「専門家の多様な意見はあったが、ダム事業が必要不可欠という認識は変わらない」と述べた。

(後略)

・・・・・・・・・・・・引用終了

・・・・・・・・・・・・引用開始

議論6時間 平行線

朝日新聞長崎版 2011年3月7日

◆石木ダム 県と反対派の意見交換会

県と佐世保市が川棚町に計画する石木ダム計画の再検証をめぐり、県は6日、同町で、建設に反対する地権者らとの「意見交換会」を開いた。反対地権者ら約40人が「治水・利水どちらの面でもダムはいらない」と計画中止を迫ったのに対し、県側は「事業者としての考えはこれまで通り」と主張。議論は平行線のまま、約6時間にわたって続いた。(矢鳴秀樹)

県によると、意見交換会は石木ダム事業の再検証をしている「検討の場」で1月末、山口文夫・川棚町長が「反対住民の意見を聞く場を設けてほしい」と要請したことに応えて開催した。国の諮問機関・淀川水系流域委員会の元委員長で、ダム計画を「ダム偏重」と批判する今本博健京大名誉教授も参加した。

県側は1月の「検討の場」で明らかにしたコスト比較を改めて説明。ダム案だと今後見込まれる費用が79億円なのに対し、放水路案は232億円、堤防かさ上げ案では244億円だとし、「ダムのコストが最も安くなった」などと主張した。

建設反対の立場で参加した今本名誉教授は、1990年に川棚町などで床上・床下浸水約400戸を数えた水害を県などがダムの必要性の一つとしている点について「石木川にダムを造っても、その下流で他の支流からの流入などがあり、水害はまた起こる」と指摘。「大阪府の橋下徹知事は100年に一度としてきた治水安全度を見直した」と述べ、ダム計画の撤回を求めた。

利水面から佐世保市が必要としている4万トンの新規水需要についても議論は平行線をたどった。反対派は「人口が減る中、水需要は減っているのが実態。しっかり漏水対策をすればダムは必要ない」と指摘したが、佐世保市側は「工業団地造成や今後の観光事業展開などで水需要は増える。予測は妥当だ」と反論、一致点は見いだせなかった。

午後2時から始まった意見交換会は、終了予定の同5時を過ぎても延々と続いた。石木ダム建設絶対反対同盟の岩下和雄世話人は閉会後、「計画を白紙撤回するまで戦う」と改めて表明した。

(後略)

・・・・・・・・・・・・引用終了
[PR]
by suigenren | 2011-03-07 00:00 | 石木ダム


国土交通省が進める「ダム見直し」について、市民が監視するためのサイトです。水源開発問題全国連絡会(水源連)が運営しています。


by suigenren

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

本サイトについて
インフォメーション
水源連について
提言・要望
調査・報告
国土交通省資料
報道記事
八ッ場ダム
新内海ダム
最上小国川ダム
石木ダム
路木ダム
成瀬ダム
南摩ダム
太田川ダム
辰巳ダム
木曽三川のダム
北海道のダム
関西のダム
吉野川可動堰
川辺川ダム
山鳥坂ダム
設楽ダム
浅川ダム
砂防ダム
その他のダム
リンク

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧