ダム案妥当を報告した最上小国川ダム検証(水源連)

山形県の補助ダム「最上小国川ダム」の検証について、またもや、残念ながら事業推進の結論です。しかし、最上小国川ダムはダムサイトに漁業権を持っている小国川漁協が強く反対していますので、簡単にダムをつくれるものではありません。ダム検証では漁協の反対意見はどのように扱われているのでしょうか。

以下、報道記事を一部引用します。全文は新聞社のホームページでご覧ください。

・・・・・・・・・・・・引用開始

ダム案「妥当」の意見書提出 最上小国川の治水対策で知事に

山形新聞 2011年02月16日

最上小国川の治水対策に関し、県公共事業評価監視委員会の大川健嗣委員長は16日、「流水型ダム案が最良」とした県の対応方針案を「妥当」とする意見書を吉村美栄子知事に提出した。県は意見書に沿って、ダム事業を継続する内容の対応方針を策定し、3月上旬までに国に報告する。

大川委員長が県庁を訪ね、吉村知事に意見書を手渡し、現地調査を含め4回の審議を重ねてきた経過を説明した。大川委員長は「洪水被害から一日も早く流域住民を守る必要がある。国は(検証の要請で)コストを強調したが、コストだけでなく、治水効果が発現するまでの期間を考慮し、環境や地域社会への影響なども含めて総合的に検討した」と説明した。

これに対し、吉村知事は「いただいた意見を踏まえ、対応方針を整え、速やかに国に報告したい」と述べた。さらに吉村知事は報道陣の取材に対し「地域が、一番地域のことを分かっている。対話を通して思いを受け止め、専門的な見地からも意見をもらい、報告ということになるのだから、国としては県の対応方針を尊重してほしい」と述べた。反対派への対応については「丁寧に説明し、理解を賜りたい」とした。

・・・・・・・・・・・・引用終了
[PR]
by suigenren | 2011-02-16 00:00 | 最上小国川ダム


国土交通省が進める「ダム見直し」について、市民が監視するためのサイトです。水源開発問題全国連絡会(水源連)が運営しています。


by suigenren

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

本サイトについて
インフォメーション
水源連について
提言・要望
調査・報告
国土交通省資料
報道記事
八ッ場ダム
新内海ダム
最上小国川ダム
石木ダム
路木ダム
成瀬ダム
南摩ダム
太田川ダム
辰巳ダム
木曽三川のダム
北海道のダム
関西のダム
吉野川可動堰
川辺川ダム
山鳥坂ダム
設楽ダム
浅川ダム
砂防ダム
その他のダム
リンク

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧