青森県営「奥戸ダム」は中止へ(水源連)

青森県営ダム「奥戸ダム」について、このダムは中止になりそうです。おそらく、もともと県が持て余していたダムではないかと思われます。

以下、報道記事を一部引用します。全文は新聞社のホームページでご覧ください。

・・・・・・・・・・・・引用開始

県、奥戸ダム(大間)は中止判断

東奥日報 2011年1月22日

国からのダム事業検証指示を受け、国庫補助事業の県内2ダムの妥当性を有識者で検証する「県ダム事業検討委員会」(委員長・小林裕志北里大名誉教授)の第2回会合が22日、青森市の青森国際ホテルで開かれた。県は大間町で計画している奥戸ダム建設を中止し、川の掘削などの代替策を提案した。治水・利水の両面で代替策を実施した方が、ダム建設より約60億円安く抑えられると判断した。

県の国庫補助ダムのうち、中止判断を示したのは大和沢ダム(弘前市)に続き2例目。継続方針の駒込ダム(青森市)とともに、県判断の妥当性について、3月に開く次回会議で検討委としての意見をまとめる。

県は、今後50年間の施設維持管理費を含む奥戸川の治水・利水策6案のコストを比較した。その結果、川の掘削と拡幅を組み合わせた案は約36億円で、ダム建設費約95億円よりも大幅に費用を抑えられると報告した。

(中略)

 また、ダム完成予定の2019年度から大間町が新たに水道用水を確保する計画については、20年の給水人口が09年比で約千人減ることから水需要が減少し、ダムを造らなくても地下水からの取水で補える―と説明した。

会議に出席した金澤満春町長は、終了後の取材に「利水面で課題は残るが、万全を確保できれば、あえてダムでなくてもいい」との見方を示した。同日、検討委に呼ばれた町漁協や町内会の関係者からは、ダム建設に否定的な意見が多かった。

奥戸ダムの総事業費は90億円。事業費ベースの進ちょく率は本年度末で23%。

・・・・・・・・・・・・引用終了
[PR]
by suigenren | 2011-01-22 00:00 | その他のダム


国土交通省が進める「ダム見直し」について、市民が監視するためのサイトです。水源開発問題全国連絡会(水源連)が運営しています。


by suigenren

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

本サイトについて
インフォメーション
水源連について
提言・要望
調査・報告
国土交通省資料
報道記事
八ッ場ダム
新内海ダム
最上小国川ダム
石木ダム
路木ダム
成瀬ダム
南摩ダム
太田川ダム
辰巳ダム
木曽三川のダム
北海道のダム
関西のダム
吉野川可動堰
川辺川ダム
山鳥坂ダム
設楽ダム
浅川ダム
砂防ダム
その他のダム
リンク

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧