学識経験者を加えた検討委員会の事例(水源連)

青森県営の駒込ダムの検証について、ここもダム推進に向かって進んでいますが、ここでは関係地方公共団体からなる検討の場ではなく、学識経験者に自治体首長を加えたダム事業検討委員会がつくられています。他のダム検証でも、このような検討委員会を設置させ、そこに市民が入るようにすることができないものでしょうか。

以下、報道記事を一部引用します。全文は新聞社のホームページでご覧ください。

・・・・・・・・・・・・引用開始

「駒込ダム最も優位」 青森・事業検討委が初会合

河北新報 2010年12月12日

青森県が国の補助事業で進める駒込ダム(青森市)と奥戸生活貯水池(青森県大間町)の2事業について、政府のダム事業見直し方針に伴い建設の是非を再検証する「県ダム事業検討委員会」の初会合が11日、青森市内であり、県は「駒込ダムはコスト面で最も優位」とする方針案を示した。

委員は学識経験者らに鹿内博青森市長、金沢満春大間町長を加えた13人で、委員長には北里大の小林裕志名誉教授が就いた。

県はダムに代わる治水案として、遊水地整備や堤防のかさ上げなど4案を提示。50年間の維持管理費を含めたコストはダムと河道掘削を組み合わせた現行案が約500億円で、他案の805億円~1497億円と比べて優れていると説明した。委員からは「山間部に大きな酸性のダム湖ができることで周辺環境にどういう影響があるか、詳細に検討すべきだ」といった意見が出された。

(以下略)

・・・・・・・・・・・・引用終了
[PR]
by suigenren | 2010-12-12 00:00 | その他のダム


国土交通省が進める「ダム見直し」について、市民が監視するためのサイトです。水源開発問題全国連絡会(水源連)が運営しています。


by suigenren

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

本サイトについて
インフォメーション
水源連について
提言・要望
調査・報告
国土交通省資料
報道記事
八ッ場ダム
新内海ダム
最上小国川ダム
石木ダム
路木ダム
成瀬ダム
南摩ダム
太田川ダム
辰巳ダム
木曽三川のダム
北海道のダム
関西のダム
吉野川可動堰
川辺川ダム
山鳥坂ダム
設楽ダム
浅川ダム
砂防ダム
その他のダム
リンク

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧