川上ダムから西宮市が正式撤退(水源連)

淀川水系の川上ダムから、兵庫県西宮市が正式に撤退を決めました。他の自治体も冷静な判断をして、不要な利水事業からの撤退(損失の最小化)を決めることが望まれます。

以下、報道記事を一部引用します。全文は新聞社のホームページでご覧ください。

・・・・・・・・・・・・引用開始

読売新聞兵庫版 2010年11月27日

川上ダム西宮市撤退 負担金6億円支払いへ

将来的な水需要の増加を見込み、1990年代から川上ダム(三重県伊賀市)の建設計画に参加していた西宮市が計画からの撤退を決め、6億円の負担金を「独立行政法人 水資源機構」(さいたま市)に支払うことを26日、明らかにした。市は当初、人口増を受け、約3万トンの水不足を予測していたが、節水意識の高まりなどで地元での利水のめどが立ったため、決断した。しかし、当時の市の判断が“一滴の水”も買わずに巨額の支払いを求められる事態を招いており、今後、議論を呼びそうだ。

川上ダムは、同機構が伊賀市の木津川上流で計画。市は1992年、県のあっせんを受けて同計画に県内で唯一参加し、総事業費850億円のうち47億円を負担する予定だった。

しかし、実際は景気後退による工業用水の減少や、節水意識の高まりから水の需要が減少。その結果、阪神水道企業団から給水のめどが立ち、2009年4月、撤退を決めた。

ただ、同機構は「市の参加がなければ不要な工事があった」と負担金を市に要求。これまで費やした建設費1億2200万円と金利負担として、計約6億円を負担することで合意した。

市は12月3日開会の市議会に提出する補正予算案に、過去に支出した地元負担金を含む9億2600万円を臨時損失として計上した。

当時の市の判断について、市議からの追及が予想されるが、市水道局は「当初計画ではダム建設への参加は必要だった。このまま計画への参加を続けると30億円以上を支払うことになり、撤退は妥当な判断だった」としている。

〈川上ダム〉
水資源機構が1992年度に策定した事業実施計画では、三重、奈良両県、西宮市が参加。しかし、現在は三重県の伊賀市だけの参加となり、同機構は実施計画を見直している。

(以下略)

・・・・・・・・・・・・引用終了
[PR]
by suigenren | 2010-11-27 00:00 | 関西のダム


国土交通省が進める「ダム見直し」について、市民が監視するためのサイトです。水源開発問題全国連絡会(水源連)が運営しています。


by suigenren

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

本サイトについて
インフォメーション
水源連について
提言・要望
調査・報告
国土交通省資料
報道記事
八ッ場ダム
新内海ダム
最上小国川ダム
石木ダム
路木ダム
成瀬ダム
南摩ダム
太田川ダム
辰巳ダム
木曽三川のダム
北海道のダム
関西のダム
吉野川可動堰
川辺川ダム
山鳥坂ダム
設楽ダム
浅川ダム
砂防ダム
その他のダム
リンク

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧