新聞記事に大きく取り上げられた福井県営ダムの見直し(水源連)

 福井の吉野瀬川ダム、河内川ダムの検証について、新聞で大きく取り上げられています。他のダムの検証についてもこのように新聞で大きく取り上げてほしいものです。

 以下に引用はしていませんが、この記事の終わりで「公共事業や行政サービスを費用対効果の面だけで論じてはいけない。『住民の目線』が重要であり、検討の過程では、地域住民が主体的に意見を言える仕組みをつくり、住民自身が納得のいく結論を出すべきだ」との学識者のコメントがありますが、まったくそのとおりです。

 以下、報道記事を一部引用します。全文は新聞社のホームページでご覧ください。

・・・・・・・・・・・・引用開始

読売新聞福井版2010年10月31日

ダム建設検証始まる 住民意見聞き結論を 県、説明会開催へ

 国の「できるだけダムに頼らない治水」という考えに基づく、ダム建設の是非についての検証作業。国の補助で県が整備を進めている吉野瀬川(越前市)、河内川(若狭町)の2ダムの検討会が28日に始まった。流域自治体が「洪水はいつ起こるか分からない。一刻も早くダム整備を」と建設推進の姿勢を鮮明にするなか、代替案をつくり比較評価するという検討会本来の役割が果たされるのか――。議論の行方が注目される。(小野隆明)

 2ダムは、国直轄の足羽川ダム(池田町)とともに昨年12月、国が発表した「検証」の対象になった。足羽川については、国交省近畿地方整備局が中心となって近く検討を始める。

 河内川は今年度予算で10億円を見込んだが、認められたのは4億6000万円、吉野瀬川は4億円に対し3億1000万円。いずれも本体工事は未着手で、ダムにつながる道路の工事などが続けられている。昨年12月時点で本体工事に着手していた大津呂ダム(おおい町)は検証の対象外となったため、今年度予算は当初見込み通り18億6000万円となり、事業は着々と進んでいる。

 県庁で28日に開かれた吉野瀬川ダムの検討会で、奈良俊幸・越前市長は「(本体が)着工か未着工かで仕分けるのは乱暴な話。優良な事業は、優先的に予算づけし、スピード感を持ってやるべきだ」と訴えた。

 吉野瀬川、河内川の2ダムは既に事業開始から約20が経過。用地買収や水没地となる住民の住居移転などの生活再建、ダムにつながる道路の整備などが長期化の要因だ。事業開始時からは、社会環境や経済状況も大きく変化しており、当初計画通りの利水・治水効果を疑問視する声もある。

 これに対して、県河川課は「社会情勢をかんがみて必要な見直しはしている」と強調する。吉野瀬川では、当初計画で供給を見込んだ「工業用水」は需要がなくなり、2009年に治水中心に用途を変更。高さも当初計画の59・5メートルから58・0メートルに1・5メートル引き下げて約5億円を削減したとアピールする。

 今回の検討会では、遊水池の整備や堤防のかさ上げなどを複数の治水、利水対策を組み合わせた代替案をつくり、コストや効果、環境への影響などの視点から比較検証する作業が求められている。一部見直しを含めた事業の継続か中止の方針を決定して国に報告しなければならない。

(以下略)

・・・・・・・・・・・・引用終了
[PR]
by suigenren | 2010-10-31 00:00 | その他のダム


国土交通省が進める「ダム見直し」について、市民が監視するためのサイトです。水源開発問題全国連絡会(水源連)が運営しています。


by suigenren

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

本サイトについて
インフォメーション
水源連について
提言・要望
調査・報告
国土交通省資料
報道記事
八ッ場ダム
新内海ダム
最上小国川ダム
石木ダム
路木ダム
成瀬ダム
南摩ダム
太田川ダム
辰巳ダム
木曽三川のダム
北海道のダム
関西のダム
吉野川可動堰
川辺川ダム
山鳥坂ダム
設楽ダム
浅川ダム
砂防ダム
その他のダム
リンク

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧