水源開発問題連絡会(水源連)について(水源連)

水源開発問題全国連絡会は、全国各地でダム建設等の水源開発に対して闘っている仲間たちが互いに連絡を取り合えるために作られた組織です。

1.水源開発問題全国連絡会の結成
日本各地で、30年から40年も前に計画された水源開発事業が推し進められています。
そのいずれも、社会状況が変わった現在では、事業の必要性が失われてしまっています。
それにもかかわらず、計画の見直しが行われることなく、事業の遂行が図られています。
ダム事業者は、水源開発に反対する住民からの話し合いや資料提示の要求に対して、誠意のある対応をしていません。
このような状況を何とか切り開くにはどうしたらよいのだろうか、この問題に関わっているもの同士が互いに力を合わせようと、1993年11月16日に水源開発問題全国連絡会が発足しました。

2.水源連の役割
水源連結成の趣旨は下記の三点です。

a.互いの情報連絡を密に行って、水源開発事業者と闘うための戦術、戦法を練る。
b.水源開発事業の欺瞞性を大きくアピールして、世論を喚起する。
c.力を結集して、国土交通省などと交渉し、水源開発計画の見直し、中止を求める。

この趣旨にもとづいて、会員へ向けて機関紙を発行して会員間の情報の伝達・交換を行っているほか、国土交通省等との交渉、国会議員との連携活動、公共事業に関するシンポジウムの開催、河川整備基本方針に係る委員会への取り組み、河川法改正に関する取り組み、各ダム反対運動団体への支援などを行っています。
ODAの形態をとった海外へのダム輸出の問題にも取り組み始めています。


水源開発反対運動の全国的な高まりと広がりは、国土交通省や都道府県等のダム事業者を着実に追いつめています。
水源開発問題全国連絡会」の略称は「水源連」(すいげんれん)です。

事務局:〒102-0093 東京都千代田区平河町1-7-1 W201
--
個人会員の年会費1口3000円、団体会員の年会費1口5000円
郵便振替口座00170-4-766559
[PR]
by suigenren | 2009-01-01 00:00 | 水源連について


国土交通省が進める「ダム見直し」について、市民が監視するためのサイトです。水源開発問題全国連絡会(水源連)が運営しています。


by suigenren

プロフィールを見る
画像一覧

検索

カテゴリ

本サイトについて
インフォメーション
水源連について
提言・要望
調査・報告
国土交通省資料
報道記事
八ッ場ダム
新内海ダム
最上小国川ダム
石木ダム
路木ダム
成瀬ダム
南摩ダム
太田川ダム
辰巳ダム
木曽三川のダム
北海道のダム
関西のダム
吉野川可動堰
川辺川ダム
山鳥坂ダム
設楽ダム
浅川ダム
砂防ダム
その他のダム
リンク

以前の記事

2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 01月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧